相沢友子を擁護した仲間脚本家は誰?泉美咲月や関根タツヤとの関係は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
相沢友子を擁護した仲間脚本家は誰?泉美咲月や関根タツヤとの関係は?

今回は、「相沢友子を擁護した仲間脚本家は誰?泉美咲月や関根タツヤとの関係は?」と題して紹介していきます。

相沢友子さんですが、現在とても話題になっています。

原作作品の「セクシー田中さん」を巡り、原作者の芦原妃名子さんとのテレビ局や出版社を巡る問題で日本国内にままならず世界的にも多くの反応を集めています。

そんな中、相沢友子さんと関係のある脚本家にも焦点が集められています。

ネット上では今回の件に関連して、「擁護」「仲間」という言葉でくくれています。

ですので。本記事ではそんな脚本家の方たちについてまとめていきます。

スポンサーリンク
目次

相沢友子を擁護した仲間脚本家は誰?ネット上の反応は?

今回は、相沢友子さんと他の脚本家の方についてのネット上の反応についてまとめてきます。

このようにネット上ではかなり大きな反応を集めています。

特に焦点としてあてらているのは、今回の件が起きてしまった時の前後の行動がかなり良くなかったのではないかとされていることです。

下記でまとめていきましょう。

相沢友子を擁護した仲間脚本家は誰?

そもそも相沢友子さんを擁護しているのではないかとされている脚本家の方は一体誰なのでしょうか?

SNS上では下記のように言われているのです。

泉美咲月

泉美咲月という方が「セクシー田中さん」のドラマ化にあたり原作者の芦原妃名子さんではなく、脚本家となった相沢友子擁護したとのことですが、一体何をもって擁護したんですか?

関根タツヤ

篠崎絵里子

このドラマの脚本家相沢友子と脚本家仲間の

@erikoshinozaki のインスタ上の会話、「原作者が脚本を書くなんてありえない、どんな経緯があろうとも」って… 法律上(著作権法)でも、脚本家は原作者様の作品をドラマ化「させてもらっている」立場であることを忘れることのないように。

上記のように言われているようですが、一体どのような内容が擁護にあたるのでしょうか?

下記で詳細を見ていきます。

相沢友子を擁護した仲間脚本家は泉美咲月?関係は?

先で記載した内容で、相沢友子さんについてみていきましょう。

  • 相沢友子さんを擁護した仲間脚本家は泉美咲月さんという方なのでしょうか?
  • 擁護したとされているのはどのような内容からなのでしょうか?

上記の内容に基づいて紹介していきます。

擁護した言われている理由

相沢友子さんのインスタグラムの投稿に、コメントを行いその内容から、擁護したと言われているようです。

またその内容から謝罪や反省の色が見えないなどの理由で反応を集めているとされています。

スポンサーリンク

内容は?

Twitterの投稿内容では、芦原妃名子さんの報道が発表されたのちに、下記内容がXにてポストされたとのことです。

コメントありがとうございます。

それぞれにお立場があって、思うところがあってよいのではないでしょうか。

私が書いたのは「尊厳」です。そして、どこかで炎上したとしても他勢に合わせて意見を変える必要は感じませんし、私にも尊厳があります。

お尋ねになるのでお答えしますが、強いていわせていただくならばドラマを見て自分で感じた感想と違和感に合点がいったからコメントしただけです。

脚本家には脚本家の尊厳と役回り。漫画家(この場合、原作者)には漫画家の役回り。そして、なにより、それを仕切れなかったスタッフに責任があるのではないでしょうか。

この投稿に対して、

  • 漫画原作者に尊厳は?
  • 原作者は脚本家にとっては、作品を提供するだけの役回りなのではないか。

上記のような反応が集まりました。

現在は削除されていますが、下記のような投稿もされており大きな注目を集めました。

簡単に内容を要約すると下記のようになります。

  • 先週は1日だけ騒がしい日があった
  • 病状が辛い時ではなくてよかった
  • 仕事や他人の言葉で振り回されない心構えができた
  • 耳障りの音楽はオフにすればいい

この投稿の内容から、「不幸中の幸というのは何を指しているのか・耳障りの音楽をオフにすればいい」というのは何を指しているのかと批判の的になることに。

そして、芦原さんの訃報を受けて下記のように投稿されました。

こちらの内容を簡単にご紹介していきます。

  • 自分は『セクシー田中さん』のいちファンにすぎない
  • 原作者の芦原妃名子さん・脚本家の相沢友子さんの2人との面識はない
  • 2023年7月からうつ病の治療をしている
  • 心身の不調でリモートワーク
  • セクシー田中さんの影響でベリーダンスを始めた
  • 実際にドラマをみて、終盤に疑問を感じインスタを見て感想を記載した
  • 尊厳という言葉は多々ある制作事情の上で両者の事情を察して明記したもの
  • 芦原妃名子さんの訃報を知り、同時に自分も批判されていると知った
  • Twitterアカウントを削除して以来、見ていない
  • インスタにも批判が集まったため、コメント欄を封鎖
  • 睡眠障害やパニック障害の症状が出ている
  • 弁護士や主治医に相談しようとしていた際に、芦原さんの訃報を知った。

この内容を投稿されましたが、SNS上では投稿内容に関連して、芦原妃名子さんに対する謝罪や反省がないとして批判の的となりました。

謝罪や反省ではなくひたすら言い訳と自己保身の弁、さすが執筆業だな

「一切関係がない」の強調がすごいですね

確かに、SNSという多くの人が目に触れる機会のある媒体でこのような投稿をしてしまったことや、それに対しての行動などがあまりにも良くないという意見が多くありそうですね。

相沢友子との関係は?

相沢友子さんとの関係ですがどうなのでしょうか?

ご自身のコメントから察するに、

相沢友子さんとの個人的な関わりはないように見られます。

ですので、1人の脚本家としての意見を述べているだけなのかと考えられます。

脚本家としてという視点で話されているそうですが、脚本家の執筆業はそういうものという雰囲気のようです。

相沢友子を擁護した仲間脚本家は関根タツヤ?関係は?

先で記載した内容で、相沢友子さんについてみていきましょう。

  • 相沢友子さんを擁護した仲間脚本家は関根タツヤさんという方なのでしょうか?
  • 擁護したとされているのはどのような内容からなのでしょうか?

上記の内容に基づいて紹介していきます。

擁護した言われている理由

擁護したと言われている理由は、

  • 下記の相沢友子さんの投稿に対してのコメントについて
  • その後のアカウントや対応について

この内容から擁護したとされ批判を集めているようです。

スポンサーリンク

内容は?

相沢友子さんのインスタグラムに投稿された内容に対して、下記のようなコメントをされました。

相沢さんの一ファンとして悔しいです。

1~8話で変化、成長していた登場人物たちが、9、10でほぼ初期状態に戻ってしまった感じでした。

お見合い相手に断るシーンが無く、相沢さんならちゃんと描くだろうなと思いながら観ました。

あかりの踊りも少しずつ良くなってなかったけ?とか、2年経ったのスーパーは記号的に使ってるだけで、その時間経過も描けてなかったですね。。

重ねてきた登場人物たちの厚みが最後に薄くなってしまったのが残念でした。
私もこの事、胸に刻んでおきます。

  • 相沢友子さんの1ファンであること。
  • 9〜10話の芦原妃名子さんが脚本された作品内容に関して展開的に苦言を呈している
  • 脚本家と原作作者との関係性について指摘している。

上記のように内容を触れています。

この内容に、擁護しているのではないかとされているようですが、この後の対応からさらに擁護の姿勢があるとされています。

この後、InstagramとXのアカウントは閉鎖され、下記のように

「Xのアカウントを鍵垢・プロフィール文の変更、インスグラムのアカウント名の変更」

をされたとのことです。

Xのアカウント

インスタグラムのアカウント

これら一連の内容から、かなりの批判をされており、謝罪や反省のシセが見られていないとされています。

多くの反応も

この関根タツヤとかいう人、インスタの名前を本名から「kurusiikanasii」にしてるの本当に気持ち悪い。

https://x.com/_kqzn_/status/1751986798916714979?s=20

芦原さんの件で日テレと脚本家の相沢友子と泉美咲月と篠崎絵里子と関根タツヤに 初めて吐き気がしたわ。

https://x.com/takeyuki1998/status/1752944425112830151?s=20

関根タツヤインスタも noteも即消し、、 怖い、、早すぎる。 責任感じて、ないことにするのか

https://x.com/mirage0611/status/1751937082300481819?s=20

かなり強めの言葉も集められていますが、かなり批判を集められていることがわかります。

相沢友子を擁護した仲間脚本家は篠崎恵理子?

最後に篠崎恵理子さんについてですが、

相沢友子さんの投稿へのコメントが擁護しているのではないかと言われているようです。

こちらの投稿内容に関して、下記のようにコメントされています。

個人的にはあり得ないと思っています。どんな経緯があろうとです。わたしもいろいろ考えさせられました。ともこれ今年も素敵な作品をたくさんおつかれさまでした!良いお年をお迎えください

原作者と脚本家との関係性や作品を通して撮影脚本に関しての関わり方に話されているようです。

この投稿の時点では、「小学館や日本テレビ・原作者・脚本家」の間でのやり取りがどのような内容であったのかはわかりませんが、この時点では擁護されていたと判断されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

今回の問題について

今回の問題については、いつの焦点になっているのは、

原作者と脚本家における作品の視点の違いに問題があるのではないかと考えられます。

原作を重視しなければいけないのは大前提ですが、その手前脚本家の存在意義が問われるのでははないのでしょうか。

そもそも脚本家の仕事とはどのようなものなのかを理解する必要性がありそうですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次